純正品のシャープのプリンターには純正品のシャープのトナーを

work news

純正品のシャープのトナーを選んだほうが良いワケ

経費削減は会社の永遠のテーマ

どの会社も経費削減に励んでいると思われます。経費削減で真っ先に思いつくのが印刷にかかる費用の削減です。今回は印刷にかかるコストを抑えることができる方法をまとめました。

すぐに出来るコピー関連の費用削減の方法

no.1

印刷のミスを無くすこと

日々の業務で印刷する機会はとても多いです。そのためふとした時に誤って複数枚印刷してしまったり、間違ったものを印刷してしまったりしてしまうことがあります。印刷ミスが多いとその分トナーが切れるのが早くなったり、用意する用紙が多くなり印刷費用が高くなります。ミスを無くすことが費用削減の一番の近道です。印刷前にプレビュー機能を利用して本当に印刷して問題ないか入念にチェックしておきましょう。

no.2

それぞれの費用がどれだけ掛かっているのか共有する

コピーする際には様々な費用がかかっています。「トナー代」「用紙代」などがいくら掛かっているのか社員一人一人が意識することで、日々の印刷にどれだけの費用が発生しているのか知ることができます。またこの費用を回収するためにはどれだけの利益をあげなければならないのかまで把握することができれば、印刷することに対する意識が変わり費用削減へと繋がります。

no.3

消耗品を管理する人を統一する

消耗品の購入などを個々に任せたりせずに、消耗品の管理者を統一すれば費用が削減しやすくなるでしょう。管理者がいれば用紙やトナーの在庫がどれだけあるのか分かりますので、適切なタイミングで購入できます。そのため十分な在庫があるのに余分に購入することがなくなります。大規模な企業では消耗品の数も膨大になると思いますので、管理者を一人にすることは大変です。ですので、大規模な企業であれば管理者を複数人設定しましょう。

no.4

両面印刷をする

印刷するものが2ページ以上ある場合は片面印刷ではなく両面印刷をすることで用紙代を抑えることができます。自身が使用する資料であれば片面印刷に固執する必要はないと思いますので、なるべく両面印刷を心がけるようにしましょう。もし1ページだけ片面印刷した資料があり追加で印刷する必要が出た場合も可能であればもう片方の面で印刷するようにしましょう。その場合は印刷しても問題ないか周りの人に確認をとることが大切です。

no.5

印刷の必要性を考えることを徹底する

「この資料を印刷する必要があるのか」という考えを徹底することがコストカットに繋がります。印刷するのではなくメールでファイルを添付するだけで事足りることもあるはずです。メールには一斉送信の機能もありますので、短時間で大勢の人に資料を配ることができます。そうすると印刷の手間や一人一人に配る手間も省くことができます。社内全体で周知することで個々が費用削減について意識づくと思います。

純正品のシャープのプリンターには純正品のシャープのトナーを

印刷機

純正品のトナーの特徴

トナーには純正品とリサイクル品で分かれています。純正品はプリンタのメーカーが提供しているものであるため、品質が高いことが一番の特徴です。なお品質が高い故に販売価格が高いことも一つの特徴と言えます。不具合がほとんどないため、安心して使用することができます。

トナーの選び方

会社で使用するトナーを選ぶ時はプリンターとトナーが同じメーカーのものを選ぶとよいでしょう。例えばシャープのプリンターを使用していればシャープの純正品のトナーを使用しましょう。そうすることで印刷する際に不具合が起こる心配もなくなりますし、プリンターとトナーのメーカーを統一することで、購入する時に迷うこともありません。